歯を失った時にどんな治療法があるの?

歯を失った場合、そこを補う方法として、ブリッジ、入れ歯、インプラントの3種類の方法があります。
どの方法にも良い所、悪い所がありますので、どれを選択するかは患者様とご相談のうえ、患者様にとって最適な治療方法をご提案させて頂きます。

1.ブリッジ

残っている歯の前後を削った土台に橋(ブリッジ)をかけるようにつなげた冠を入れる方法です。

メリットデメリット
  • 違和感がほとんどなく、今までどおりに食事ができる。
  • 保険適応外の材料で作製すると、変色もなく見た目が良い。
  • ブリッジにするために、土台となる歯を削る必要がある。
  • 一度削ると元には戻せない。
  • 歯を失った部分の骨がやせてしまい、
    物がはさまりやすくなることがある。
  • 清掃が難しく、虫歯や歯周病になる可能性がある。
  • 土台となる歯がないと、ブリッジはできない。

2.入れ歯(義歯)

失ってしまった歯を補うためのもので、ブリッジのように固定式ではなく、自分で装着しなければならない取り外しタイプです。

入れ歯には部分入れ歯と、総入れ歯があります。

部分入れ歯

総入れ歯

ノンクラスプデンチャー(保険適応外)

入れ歯なのに入れ歯だと気付かれない見た目が非常に良い入れ歯です。
保険適応の部分入れ歯は、残っている歯に金属をかけて入れ歯が動かないように固定します。
笑うと金属が目立ち、見た目にもいいものではありません。
しかし、ノンクラスプデンチャーは、部分入れ歯の金属を歯肉と同じ色にし、笑った時も、ほとんど気付かれることなく、笑顔に自身がもてる入れ歯です。

入れ歯(義歯)

メリットデメリット
  • 取り外して清掃することができます。
  • 保険適応なので比較的安価で作製することができます。
  • 歯科医院で即日、修理、調整が可能です。
  • 物がはさまったり、外れやすかったりすることがあります。
  • 毎日清掃しなければいけません。
  • 歯ぐきがやせてくると、作り直したり調整する必要があります。
  • 金属が見え、審美性がよくありません。

ノンクラスプデンチャー

メリットデメリット
  • 入れ歯だと気付かれにくい。
  • 軽くて違和感が少ない。
  • 弾力があるため、割れたりする心配はほとんどありません。
  • 保険の入れ歯と比較して、歯にあまり負担をかけることなく、
    しっかりと固定します。
  • 笑顔に自信がもてます。
  • 特殊な材料を使用しているため、調整がしにくく、
    お預かりしての調整や、修理となる場合があります。
  • 歯の本数が少ない場合や総入れ歯の場合は、作製できません。
  • 保険適応外となります。

3.インプラント

骨に人工歯根を埋めこみ、その上に冠をかぶせる方法です。

メリットデメリット
  • 歯を削らずに失った歯を取り戻せます。
  • 見た目が良いです。
  • 天然歯とほぼ同じように食べ物をよくかめます。
  • 違和感がありません。
  • 外科的な手術が必要です。
  • 治療期間が長くかかります。
  • 定期的な検査、メンテナンスが必要です。
  • 保険適応外のため、費用が高額になります。
医院名
みやまつ歯科クリニック
院 長
宮松 伸也
住 所
〒699-0615
島根県出雲市斐川町併川1636-16
診療時間
月・水・土
  • 9:00~13:00
  • 14:30~18:30
火・金
  • 10:30~15:30
  • 17:00~20:00
※最終受付は診療終了時間の30分前となります。
【休診日】木曜・日曜
※祝日がある週の木曜日は診療しますので、一度お電話でご確認下さい

診療予約など
ご予約はこちらの番号で受け付けております。
0853-72-4185(よい歯GO)

歯を白くして笑顔を素敵に
歯ぐきの黒ずみってきれいになるの?
歯ならびをきれいにする方法を知りたい!!
歯を失った時にどんな治療があるの?
笑うと目立つ銀歯は白くできる?
唾液検査(アークレイ)